トライアスロンから学ぶ人生経営

トライアスロンと人生、生き方、考え方の共通点

トライスロンへの招待状 その①

僕の運動経歴

学生時代は陸上の長距離をバリバリやってました。

 

でも、高校を卒業と同時に、

走る目的も目標もなくなり、ピタリと卒業しました。

 

そのまま大人になり、

運動とはかけ離れた生活を送っていたが、

 

年に数回は運動したい衝動に駆られ、

4ヶ月に1回くらい走ってました。

 

そして、地元のグラウンドを走っていると、

たまたま高校の時の陸上部の友達に会いました。

 

その時に、

『今度リレーマラソンに出ない??』と言われ、

 

聞くと、一人2キロずつ走って、

ハーフマラソンの距離を走るとの事で、

 

まぁ、2キロくらいならヨユーっしょ~!!

 

と思い、二つ返事で参加を承諾し、

レース当日まで特になにもせず過ごし、

いざレース当日。

 

イメージは学生時代。

身体は30直前のおっさん。

 

前には60オーバーの

ランナーズクラブのユニフォームを着ている、

ほぼ白髪のおじい。

 

このおじいには勝てるだろうと思い、

そのおじいに着こうとするも、

脚はからまり、息は苦しい。。。

 

イメージとはかけ離れ、

本当に情けない思いをしました。

 

それから数か月後にまた別の大会で、

同じ距離を走る大会があるとの事で、

また誘われたので今度もすぐ参加表明しました。

 

でも、この時には密かに自分で目標を立てていました。

 

『次はチームで一番になってやろう!!』

 

と心に誓い、こっそり一人で走ったり、

友達が加圧トレーナーをやっていたので、

こっそり加圧トレーニングを取り入れたりしました。

 

そして、次の大会。

 

走る順番を決める時、密かにアンカーを走りたい。

 

と思っていたら、アンカーを走る事になり、

帰ってくる仲間のタイムを聞いて、

 

いけるかどうか不安に感じながら、いざスタート。

 

スタートしたら後は当たって砕けろ!!

 

たかが2キロ。

いけるとこまでいったれい!!

 

そしてゴール。

 

タイムは…。

 

よっしゃ~!!

 

タイムは忘れましたが、

目標通り、チームで1番のタイムをゲットし、

 

前回しょぼかったのを知っている仲間を、

驚かせる事に成功しました。

 

そんな僕に転機がおとずれました

 

つづく