読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出場するトライアスロン大会を決めましょう!!

出る大会を決めましょう

チャレンジする決意ができたら、

まずは出る大会を決めましょう!!

 

申し込まない事には何も始りませんし、

覚悟が決まりません。

 

いつまでたっても先延ばしにしてしまわず、

まずはエントリーです。

 

僕が一番最初にエントリーした大会は、

ひわさウミガメトライアスロン

 

徳島県で行われる、

ショートディスタンスの大会です。

 

なぜこれにしたかと言うと、

海がきれいでロケーションが良いとの事で、

非常に人気も高いとの噂だったからです。

 

あとは、大阪からのアクセスも良く、

車で2~3時間の距離だったので、

ちょっと旅行がてらな気分で参加する事にしました。

 

出る大会の決め方

ではどの大会に出れば良いのでしょうか??

ここは適当に決めちゃいましょう(笑)

 

色んな考え方があるかと思いますが、選ぶ基準として、

 

・開催場所(アクセス)

・日程

・コース

・評判

・ロケーション

 

ザッとこんなもんではないでしょうか??

 

初心者の方であれば、

恐らくショートディスタンスになると思いますが、

ショートであれば、大会の数も意外と多いので、

近い所が良いのでは無いかと思います。

 

僕の感覚だと、できれば車で3時間。

行っても6時間くらいの範囲までですかね。

 

と言うのも、終わった後、家に帰らないといけません。

初めての大会だと、どれくらい疲れるか分かりません。

 

その疲れた身体で運転するのはやはり危険なので、 

近場の大会を選ぶ理由もそんなところにあります。

 

ただ、すごい遠い場所を選んで、

延泊すると言う作戦もあるので、

それはそれでありかと思います。

 

僕の中では、もはや旅行と大会を兼ねて、

遊んじゃう感じです。

 

北海道で行われたアイアンマンに出場した際は、

なんだかんだと、約1週間程北海道に滞在し、

ついでに観光もしました。

 

これは遠方の大会に出場する醍醐味のひとつですね(笑)

 

でも、実は裏話があって、

最初にエントリーしようとした年、

 

エントリー開始日を記憶違いしており、

エントリーしようとしたら、既に申し込みが終わっており、

その年はエントリーなかったと言う事もありました(笑)

 

でもそんな事もありながら、昨年の失敗を踏まえ、

翌年にはしっかりとリマインドをかけて、

エントリーする為の予定を入れエントリーしました(笑)

 

でも、ここでもトラブルではないですが、

申し込む際にJTUの登録が必要でした。

 

JTUとは、日本トライアスロン連合と言う団体があり、

この大会は、JTUの加入が義務づけられていました。

 

ただ、登録がなくてもエントリーできる大会もあるので、

事前にチェックしておいた方が良いですね。

 

で、話しを戻しますと、大会のエントリーが完了したら、

大会のスケジュールの確認、交通機関や宿泊施設の確保、

など、一気にやる方がお勧めです。

 

トライアスロン大会の場合、

だいたい前日に競技説明会があり、

これに参加しないと、出場できなかったり、

ペナルティーを科せられたりします。

 

なので、遠征の場合は宿泊するケースが多いので、

この際、宿泊先の予約や、飛行機などの予約も、

一気にやってしまいましょう。

 

後回しにするとめんどくさくなり、

探した時には会場からすごい遠い宿泊施設になったり、

高額なホテルしか残って無かったりもするので、

できるだけ、エントリーの時にやってしまった方が無難です。

 

僕はこれで何度も失敗してます(笑)

上記の失敗談は僕の体験談です(笑)