トライアスロンから学ぶ人生経営

トライアスロンと人生、生き方、考え方の共通点

トライアスロンは完走できない

初めての大会

初めての大会だと誰しもが、

その様な一抹の不安を抱えているかと思います。

 

僕も最初はそうでした。

 

いくらプールでスイムの練習したとしても、

大会は海が多く、波があったり流されたり、

他人とぶつかったり、ゴーグルに水が入ってきたり…。

 

まぁ、実際に出てみると色々起こります(笑)

 

ただ、僕の中に一つだけ常に持っている物があります。

 

それは、

完走できなくても良いや…。

いざとなったらリタイヤしよう…。

 

この2点は常に思って大会に挑みます。

 

それくらいのゆとりを持っていた方が、

どんなトラブルがあっても対処できるのではないかと、

僕は思っています。

 

ただ、実際に過去リタイヤや、

制限時間オーバーでの足切りなどにはあった事はありません。

 

初めての大会。

忘れもしない。

 

前日に車でコースを見に行ったら、ほぼ山(笑)

 

ちなみに、僕は上りと向かい風が超絶苦手です。

でも完走しました。

 

結果的にはフルマラソンよりも楽でした(笑)

 

ショートが楽だったので、次はミドルに挑戦。

 

スイムが基本的に苦手で、

ミドルの1.9キロ。

 

陸からコースを確認するも、勘違いして、

自分の折り返しの指標にしてた距離の倍の距離に折り返し。

 

ペース配分を間違え折り返した時点で、

すでに腕がパンパン。

 

とか、そんな事は色々あります。

と言うか今までアクシンデントがなかった大会の方が少ないかも。

 

でも、心のどこかにリタイヤを想定しておくと、

どんな時でも冷静に判断する事ができます。

 

特に最近、スイムでの死亡事故などが、

年間1~2件起こっていると聞いています。

 

プロの選手でも死亡事故が起こるくらいですから、

本当に何が起こるか分かりません。

 

そんな中でも冷静に対処するには、

いつでもリタイアしてやろう!!

 

くらいの心の余裕を作っておきましょう。