読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライアスロンを完走する為には

どんなトレーニングをすれば良いのか

 

まず僕の勝手な持論ですが、その大会の距離を、

単独種目でみた時、ある程度余裕を持ってゴールできれば、

完走できると思っています。

 

なので、ショートであれば、

1,5キロを泳ぐ泳力

40キロをバイクで走れる

10キロをランできる

 

これができれば完走はできるはずです。

 

当たり前の事ですが、とにかく制限時間内に関門を通過し、

 大きな事故や怪我が無ければ完走できます。

 

でも一度もその距離を泳いだり、走ったりした事なければ、

距離に対する不安感や、疲れた時の対処法や自分の体力限界。

 

これが分からなければ、ペース配分が分からず、

オーバーペースになったり、補給のタイミングをミスったり、

疲れた時、既にこんなしんどいのに大丈夫か!?

 

となってしまいます。

 

でも一度でもその距離をチャレンジしていれば、

何とか泳ぎ切れれば次の種目のバイク。

バイクで走り切れれば、次はラン。

 

と気持ちの切り替えができます。

実際に次の種目に進めれば、使う筋肉が違うので、

意外といけます。

 

ですので、その大会の距離を、

単独種目でチャレンジしてみて下さい。

 

ショートであれば、

どれも1,5時間以内に終わると思うので、

時間的な負担もそんなにないはずです。

 

むしろ、これくらいの時間の確保が難しい方は、

トライアスロンはしんどいかもですね。

 

もちろん毎日、こんなに時間を費やす必要はないですが、

トライアスロンの場合、いかにバランス良く、

苦手競技を克服し、得意競技を伸ばすか??

 

と言っても、やはりバイクの時間が一番長いので、

バイクが得意な方が有利な気はしますが、

まずは完走できるところまでの体力を準備しましょう。