読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標からの逆算

目標からの逆算は間違い

 

昨日、レースペースの設定の話をしたが、

実は僕も偉そうに言える程得意では無いし、

目標からの逆算をすると大抵失敗する(笑)

 

なぜなら、慣れが必要だからです。

 

 僕の場合、想像通りに満足のいくレースができたのは、

1回くらいしかない(笑)

 

なぜなら、トライアスロンの場合、単一競技ではないので、

スイムの疲れ、バイクの疲れがランに影響したりする。

 

なので、いくらランでこれくらいで走れる。

と思っていても、バイクで疲れを残すと思うように走れない。

 

だからおもしろい。

 

僕はフルマラソンのベストは、

3時間18分だが、ロングの大会では、

4時間半くらいはどうしてもかかってしまう。

 

ベストタイムより、1時間もプラスしまうのである。

 

それだけ僕はバイクが下手で、

どうしても疲れを残してしまうし、

理想のペースでバイクを漕いでみるも、

中盤あたりから失速。

 

となってしまう。

 

それはまだ、バイクのペースが掴めておらず、

ただ単にオーバーペースになっているだけの話(笑)

 

つまり、競技履歴が少ない人にとっては、

自分の目標タイムはおとぎ話にすぎない事が多く、

自分ではそれなりにやったつもりでも、

 

自分の目標にあった練習ができているのかどうかなんてのは、

ちゃんとデータを取って裏付けがないと、

想定通りに目標を達成できる事なんてない。

 

と思った方が良いかもしれません。

 

ただ、その逆もあり、

意外と速くゴールできたりする事もある。

 

なので、楽観的にならず、悲観的にもならず、

ただやる事を淡々とやり続けれた人が、結果的に一番強くなる。

 

しかもそれが3種目の総合力。

 

いや~、ほんと楽しいです。