トライアスロンから学ぶ人生経営

トライアスロンと人生、生き方、考え方の共通点

沖縄マラソンの結果

やっぱりレースは最高!!

 

先週の半ばから、日本全国から友達が集まり、

連日深夜にまでのお付き合い。

 

僕はノンアルコールでしたが、いかんせん睡眠不足。

 

前日も約3時間の睡眠。

 

食事をしようにも、内臓が気持ち悪く、なんとかバナナは食べたものの、たった2本だけ。

 

まぁ、食べれないという事は食べる必要がない。

 

と解釈し、とりあえず会場へ向かう。

前日、仕事が遅くなりそうだったので、

友達にゼッケンを預かってもらっていたので、

友達と合流し、ゼッケンをもらう。

 

 

この時にはお腹の調子もマシになり、

友達にもらったカステラを一切れ食べ、あとはBCAAを飲んでいざスタート地点へ。

 

 

天気は最高、しかし日陰…。

さ、さむい…。

気温は僕にとっては少し低め。

 

相変わらず、スタート地点に並んでから、

トイレに行きたくなる症候群…。

 

でも、もう離脱すると最後尾スタートになってしまう。

 

でも、周りを見ると…。

出たり入ったりしてる!!

 

すみませ~ん、トイレ行って良いですか~??

ってきいてみると、あっさりOK!!

 

おおっ、聞いてみるもんや。

 

できれば、大もしたかったが、

並んでおり、しかも既にスタート5分前。

 

そこは一旦我慢して、レース中に行きたくなれば行くとしよう。

という事で、小だけ済ませて再度スタート地点へ並ぶ。

 

ほどなくして号砲。

 

前回参加した時は全くコースもわからず、

心ゆくまま走った結果、最後の登り坂で撃沈してしまったので、

20キロまでは温存し、その経過をみながらペースを上げる作戦。

 

序盤は順調。

ただ、10キロすぎた当たりから左足の裏側に痛みを感じる。

 

でも気にせずそのまま走る。

いつもこのあたりから体が動き始め、

ペースが勝手にあがってしまうところをぐっと抑えて、

キロ4’50~5’00で刻んでいく。

 

徐々にストレスが溜まる…。

う~ん、飛ばしたい…。

 

でも今回は我慢我慢…。

 

で、なんとか20キロまで来た!!

 

よしっ、体は動く。

しかし、ふくらはぎが微妙に攣りはじめる。

 

でも、いつも塩を食べれば復活する。

もちろん、今日も塩を持っている。

 

しかもぬちまーす

 

まだ、軽いうちに補給をしておこう。

 

という事でぺろぺろなめる。

おしっ、これでなお…

 

らない!!

 

もっとぺろぺろしてみる…。

なお…

らない!!

 

でもまだそこまでの攣り感ではない。

体は動く。

 

そのままキロ4’40までペースアップ。

 

う~ん気持ち良い!!

 やっぱりペーシングなんて性に合わない。

 

 このままで押し切れたらベストもいける。

 

そして沖縄マラソンならではの

なんと言っても一番の盛り上がりポイント。

 

米軍基地へレッツゴー!!

やはり盛り上がる。

 

でもここではペースを抑え気味に、

楽しみながら走る。

 

前回出場した時はベースを出てから、

テンションががっくり落ちたので、

今回はコースも把握済み。

 

特にテンションダウンもなく冷静に淡々と刻む。

 

そして35キロ地点。

まだ足は動くが、攣り感が半端なく出てきた…。

 

そして、ついにあいつが…。

 

ちーん。

前回よりも早く徒歩に突入。

 

走りはじめから出ていた、

足の裏の痛みもかなりの痛みになり、

足もビンビン攣っている。

 

でもとりあえず歩く。

前に進む。

 

もうベスト更新は不可能。

しかし何とか頑張ればサブ3.5はいけるというとこ。

 

しかし、完全にエネルギー切れ。

ちょっと前に摂った黒砂糖。

 

まだ体に回ってこない。

終わった…。

 

それでもとりあえず進める。

足はかなり痛い。

 

でも進むしかないのだ。

そして、最後の上り坂。

 

もう脚が完全に止まってしまい、

脚も攣っている。

ストレッチしても攣る…。

 

あともうちょっとやのに…。

このままではサブ4も危うい…。

 

それだけは避けたい。

とにかく歩く。

 

そして、友達の家の前まできたら、

筋肉に良いやつを脚に塗り塗りしてくれ、

奇跡の復活!!

 

 

そこからは、元のペースで走れるが、時既に遅し。

そのまま競技場に戻ってくるも散々なタイム。

 

フルマラソン、

一筋縄ではいかないところがまた面白いところ。 

 

 

 

今度はちゃんと補給もしていくと、

心に決めた大会になりました。