トライアスロンから学ぶ人生経営

トライアスロンと人生、生き方、考え方の共通点

いつもと違う事をしてみる

いったい100mは何秒で走れるのだろうか??

まったくもって、

トライアスロンの練習とは関係のない疑問(笑)

 

昨日、いつもの競技場でトレーニングして、

仕上げに軽くウインドスプリントを入れてみた。

 

(ウインドスプリントとは、

 全力疾走3秒前の力で短い距離を走る事)

 

おっ、意外と身体動くやん!!

 

その時にふと思った。

 

100mいったい何秒で走れるのだろう…。

 

おそらく、学生以来そんな事をした事は無い。

 

でもここは競技場。

周りはほぼ誰もいない。

 

おしっ、ちとやってみるか。

 

スタートはもちろんスタンディングスタート。

(小学生の運動会でやるタイプの方式)

 

よ~い、どん!!

 

まさかの一歩目…

ピキっ!!

 

 

左のふくらはぎがピキっ!!

二歩目のふくらはぎピキっ!!

 

でも三歩目からは普通に走れ、

なんとかゴール。

 

意外と100mって長い(笑)

 

そのタイム。

 

13”44

 

ん~、速いのかどうかすら分からん…

 

まぁ良いか(笑)

 

てな訳で、練習は楽しみながら、

たまには違う事をやるのも面白い。

 

違う事をやる事で新しい事が発見できる

いつもと違う事をやる事で、

新しい事が発見できます。

 

今回、普段しないダッシュをする事で気づいた事。

 

ももを上げて走ると早く走れる。

 

誰でも知っているかも知れないが、

知っているだけと、身体を動かせるのとは違う。

 

以前テレビで、武井壮タモリさんに、

両手を水平にあげて下さい。

 

と試しにやってみた。

 

すると、水平とははるかにずれている。

 

これは何かと言うと、

当然頭では水平と言う事は分かっている。

 

でも、身体は水平を知らないと言う事。

 

つまり、いくら速い泳ぎ方、漕ぎ方、

走り方を知っていても、速くはならない。

 

と言う事。

 

ただ、知らない事には速くもならないので、

知っている事は大切な事です。

 

なので、知った事はとりあえずやってみましょう。

 

昨日のトレーニング内容

8キロビルドアップ(5’00”⇒3’20”)

100m×5本(4本軽く、1本全力)

ダウン