読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間がある時はブリック練

ブリック練とは

バイクに乗った後に、

すかさずランのトレーニングを行う事を、

ブリック練と言います。

 

目次

・ブリック練のメリット

・ブリック練習は必要かどうか

・本日のトレーニング

・まとめ

 

・ブリック練のメリット

トライアスロンはご存じの通り、

スイム ⇒ バイク ⇒ ラン

の順番で行う競技ですが、

 

バイクで使う筋肉と、ランで使う筋肉が違い、

この移行がうまくいかず、ランもバイクも強いのに、

トライアスロンになると弱い。

 

と言う方もいます。

 

僕が初心者の頃は、このトレーニング方法を知らず、

単体のみでしかトレーニングしてなくても完走できましたが、

いつもバイクの後、ふわふわした感じになります。

 

特にロングの大会の時は、

すでにバイクで180キロ走っているので、

 

もうなんだかよく分からず、

ランに移行できず、最初はウォーキングから入る。

 

という事もしばしばありました。

 

それを普段からやることで、

そんなロスなく移行できるようになるトレーニングが、

ブリック練です。

 

強い選手はみんなやってるみたいですね。

 

・ブリック練は必要かどうか

必要かどうかで言うと、

完走を目指すだけなら不必要でしょう。

 

なにせ僕がやった事どころか、

知らなかったくらいですから。

 

ただ、僕は元々ランが得意なので、

その辺のアドバンテージはあるかと思いますが、

もしやっていればもっと早くゴールできたかも知れません。

 

・本日のトレーニング

加圧バイク

5分アップ⇒2分ペースアップ⇒1分ゆっくり

⇒3分ペースアップ⇒1分ゆっくり⇒3分ペースアップ 計15分

⇒ラン10キロ(アベレージ 4’15”/キロ)

 

 

・まとめ

より実践的なトレーニングをする事で、

レースで、本来の実力を発揮できる事を考えれば、

時間のある時くらいは定期的に取り入れる事をお勧めします。