トライアスロンから学ぶ人生経営

トライアスロンと人生、生き方、考え方の共通点

筋肉痛が取れない…

 

筋肉痛との付き合い方

激しくトレーニングすると、

当然ながら筋肉痛になります。

 

そんな時はどうしたら良いか書いてみました。

 

目次

・筋肉痛の正体とは

・筋肉痛との付き合い方

・筋肉痛にならない為には

 

・筋肉痛の正体とは

よく微細な筋肉の損傷が痛みの原因

 

なんて言ったりしますが、微妙に違います。

 

筋損傷の有無は関係なく筋肉痛は起こります。

 

本当の筋肉痛の正体とは、

 

筋肉を使う際、

筋細胞からミネラルなどが放出されます。

 

そうすると、筋細胞の近くを通ってる、

神経細胞が、『あれっ、なんかやばくない??』

 

と異常を察知します。

 

この異常を察知すると、

普段感じないような発痛物質を過敏にキャッチし、

それが痛みに感じるという訳です。

 

すこし難しいですね(笑)

 

簡単に言うと、神経過敏になり、

【痛い】と【感じている】だけです。

 

・筋肉痛との付き合い方

そんな筋肉痛ですが、

実際に筋細胞の破壊により、

筋肉痛が起きている事もあります。

 

そんな時は休みましょう。

 

もしくは、かる~いジョグなど、

動かす程度に留めましょう。

 

その方が血流が良くなり、

完全に休むより回復が早くなります。

 

もしくは、筋肉痛以外の部位をトレーニングしたり、

違う種目のトレーニングを行うのも良いと思います。

 

これがトライアスロンのおもしろいところでもありますね。

 

・筋肉痛にならない為には

完全に無くす事は難しいかと思いますが、

回復を早めたり、できるだけならない方法はあります。

 

それは、トレーニング直後に栄養摂取する事です。

 

できれば15分以内、

遅くても30分以内に摂りたいところです。

 

手軽に摂るにはやはり、プロテインやBCAAなど、

サプリメントを使うのが手っ取り早いです。

 

サプリメントであれば、タンパク質と糖質、

ビタミン類などのバランスが、ある程度整っていたり、

 

吸収率や、時間を考えれば、

プロテインなどで補うのが効率が良いかと思います。