読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あやはし海中ロードレース(ハーフマラソン)の結果

あやはし海中ロードレースの結果

沖縄マラソンに引き続き、

マラソン大会に参加してきました。

 

備忘録兼、結果報告。

 

目次

・ロケーションとコンディション

・レース展開

・結果

 

ロケーションとコンディション

ロケーションは沖縄の中でも、

有名な観光地でもある海中道路と言う事もあり、

眺は最高に良く、橋の部分以外は坂が無く、

ほぼフラットと言う、タイムを狙うには絶好のコース。

 

ただ、海の上にかかっている橋なので、

日によってはかなり強風と言うロケーション。

 

そして昨日はかなりの強風が吹き、しかも北風の為、

気温の割には体感温度は非常に低かったです。

 

天気は良かったので、半袖でいこうかと思いましたが、

半袖ウェアに、アームガードと言うフレックスの効く、

ウェアを選択しました。

 

レース展開

Aブロックスタートでしたが、

並ぶのが遅くてAブロックの最後尾からのスタート。

 

ゴリゴリ前方からスタートする手もあったのですが、

後ろからスタートして抜きまくる方が楽しいので、

そちらを選択。

 

最初の1キロまでは渋滞して、

ストレスの溜まるペースでしたが、

まぁそれも仕方なしのポジション。

 

最初は接触や転倒、変なペースアップは控え、

渋滞が解消するまでボチボチ前の方に進む。

 

1キロ過ぎたあたりから、

通常のレースペースに4分/kmまでペースアップし、

 

風が強かったので、

後半の事も考え前半はこのペースをキープするも、

このペースで順位はどんどんアップ。

 

一回目の折り返しで、

先頭から順位を数えると現在55位。

 

おっ、50位以内はほぼ確定。

 

強烈な向かい風を受けるも、

そこまでのペースダウンや筋疲労もなく、

4分ペースで推移。

 

折り返して追い風を使い、軽めにペースアップし、

14キロ地点からふくらはぎが攣り始める。

 

塩を食べまくるが治らず、まぁ残り7キロ。

 

30分足らずやし、

攣るのもたまにか起こらないので、

そのまま走る。

 

ペースはキープできているものの、

攣る頻度は高くなり、色んなフォームを試すが、

腰を上げて走るとピキピキ…。

 

やむを得ず、少し腰を落として走ると、

攣らずに走れる事を発見!!

 

残り2キロ地点で、攣る頻度が高くなるも、

そのままのペースを保つ事ができ、そのままゴール。

 

結果

タイムはベストより5分遅い、1時間25分。

 

ベストを出した時より、

かなり楽にゴールできた事を考えれば、

まずまずですが、なんとなく不完全燃焼…。

 

ふくらはぎが攣らなければ…。

 

とは思うが、これも含めての結果。

まぁ、良しとしよう。